上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おひさしぶりです(*^_^*)

11月もおわってしまい、今年最後の月がはじまってしまいました。
月のおわりにはいつも思うことだけど、ほんと早いなぁ。。。
延長したとは言えども、6ヶ月間もきっとあっとゆう間なんだろなぁ~。。。
なんとなく毎日が過ぎるんじゃなくて、一日一笑。いや、ここはちょいと欲張って二笑三笑できる日々を過ごしたいなぁ~と思う✧✧

今日笑ったことのひとつは、よく行くマルシェの店主アミンとの会話。。。

ア「ゆき達日本人ボランティアはいつも明るくていい。他の外国人はムスッとしてるからなぁ~。」

なんて、クールなアミンがめずらしく誉めてくれた♪
でも、こんなこと言ってるアミンの方こそ、わたしがマルシェに行きはじめたばかりの時は超ムスッとしてて超感じ悪い店主で、正直(なにこの人!?)と内心腹を立てながら買い物をしたもんだ。。。(^_^;)
初めてアミンが笑ってくれた時はわたしもすごく嬉しかったのを覚えている(^^)
そんなことを思い出して。。。

ゆ「いやいや!アミンだって最初は笑ってくれなかったでしょ!!誰だってすぐには仲良くなれないんじゃない?他の外国人だってみんないい人たちだと思うよ♪」

ア「ハハ!そうだな!」

そんな会話をして笑い合った。

こんな日常的な会話も、帰国後は大切な想い出になっていくんだろうなぁ~。。。とふと感じた今日。
2年経ってもたいした伸びてないアラビア語だけど、もっとたくさん気持ちが通じ合って笑い合えるよう、もっと勉強しなくっちゃと思う♪



さてさて。
先月の出来事について。。。
前半は、犠牲祭とツマル祭り、王様も来たりと、大賑わいなエルフードで、外国人のわたしでさえも毎日心がウキウキ♪
地元で例えると、勝毎花火大会みたいな♪
「どっからこんなにいっぱい人が湧きでてきたんだ!?」みたいな♪
たっぷり1週間満喫させてもらいました(^O^)


それでは振り返って。。。

まずは『犠牲祭』

今年は集落シャハナで一緒にお祝いさせてもらいました(^O^)
2度目ともなると何の躊躇もなく直視ができ、慣れってすごいなぁ。。。と実感。
今回は羊3頭とご近所さんの牛も見ることができました。
肉屋にずらりと並んだ羊の頭を横切る時に目を覆ってしまっていた初々しさは、もうすっかりなくなりました(^_^;)

544.jpg
シャハナファミリーと♡

546.jpg
ハムザ♡「ボクもやりたい。。。」

548.jpg
男性陣。羊3頭もおつかれさまです!

549.jpg
初牛!大迫力!!

545.jpg
頭丸焼き。こうして毛を燃やし水洗いをしてキレイにする。

550.jpg
焼き立ての耳。「おいしぃ~♪」珍味のように食べてる子どもたち。

547.jpg
行けば必ず「一緒に寝ていきなさい!」と誘ってくれるおばあちゃん♡

551.jpg
サーナと赤ちゃんのサーラ♡モロッコではこうして子どもが小さい子のお守をするのは当たり前の光景。いつも感心する。

バカンス後から、シャハナ集落の幼稚園巡回はなくなったので、ここを訪れるのは4ヶ月ぶり。
しばらくぶりに訪ねても変わらず歓迎してくれる、マルハバ精神がとても嬉しい✧✧
子どもたちも大きくなっていて、ホストファミリーだった家族のみんなもご近所のみんなも元気な様子が見られて良かった♪


そしてこの週の後半、3日間に渡って盛大に行われた『ツマル祭り』

去年は見に行くことができなかったので、今年は見れて満足!
去年から特設会場をつくって行われてるようだが、去年も見に行った隊員によると、今年はより国際的な祭りへと進化してたようだ。
詳しい内容はツマル妹Eのブログ(http://enatural61.exblog.jp/14024771/)を見てもらうこととして、わたしは写真だけちょっぴり紹介(^^)v

553.jpg
たくさんの国旗の中には日本の国旗も♪

558.jpg
前日に偶然バブーシュ屋さんで仲良くなった美人女子と再会!彼女たちはここの会場案内役♪

556.jpg
全国各地からツマルがいっぱい集合!上質らしいけど若干お高め。

557.jpg
ツマルの葉で編み込んだ商品も!手作り感があたたかみがあって良い。

555.jpg
ディスプレイもなかなか素敵✧✧

552.jpg
ツマルわっしょい!

この祭りの期間中は一瞬で帰ってしまったけど王様がきたり、毎夜ミュージックライブが行われたりと、町中が活気に溢れていた(^O^)
王様が来るということで、少しずつしか進んでなかった道路工事もいっきに進められ、主要道路沿いの壁には観光各地の絵などが描かれてキレイになった。
王様の力ってすごい!!

560.jpg
こうゆう壁画がずぅーっと中心地の端から端まで続いています。(画家さん方お疲れ様です!)

と、ツマル祭りはこんなところで。。。



イベント以外では、新しい出逢いと大切な人とのお別れがありました。

まずは出逢い✧

Aちゃんの後任Iが来て、部屋に入居できるまでの約1ヶ月間同居しました♪
家の中で会話ができる毎日はいいなぁ~と実感(*^_^*)
語学にも活動にもモチベーションの高いIとの生活は、2年経っていつの間にかダラけや諦めのあった自分にとって、とても良い刺激を受けた。
561.jpg
I、1ヶ月間ありがとう♡
そしてこれからもよろしくね♡


そして別れ。。。

唯一の幼児教育の先輩隊員Mさんが1ヶ月半の延長期間を満了し、帰国された。
Mさんといると、不思議と勇気が湧いた。
それはたぶん、Mさんの子どもに対する強い信念がそうさせてくれたんだろうな~と思う。
自分のやってることが本当に正しいのかわからなくなってしまうことがよくあって、そんな時にMさんに相談すると、決まって勇気づけられた。
厳しいことも言われたが、それが嫌だと思ったことはなかったし、むしろアドバイスをくれることがありがたかった。
Mさんに出逢えたこと、Mさんと約1年8ヶ月同じラシディア圏で活動できたことに感謝している。
559.jpg
Mさん、ありがとうございました♡
これからも、ずっとよろしくお願いします(*^_^*)



そんな11月がおわり、今月はというと。。。

かけがえのない仲間、同期の送別会があります。

いつもラバトに上がる時は嬉しいのに、今度の上京はちょっぴり切ない気持ちになりそうです。。。(;_:)
2011.11.24 お知らせ
みなさんこんにちは♪

だいぶご無沙汰しておりましたがお元気ですか?

わたしは元気です(^^)v



さて、早速本題に入るのですが。

タイトルにもある『お知らせ』をいたします。

本当ならばもう少しで任期が満了となり、1月3日にモロッコを出るはずだったのですが、任期が半年延長となりました。

突然のお知らせで驚かせてすみません。

自分自身も延長の話をいただいたのは今月に入ってからのことで、しかも急遽返事が必要とのことだったので、正直とまどいました。(気持ちは帰国へ向けてまっしぐらだったので。。。汗)

返事を出すまでの2晩。

頭の中はというと。。。

日本の友達に早く会いたい!

家族にも会いたい!

21-3メンバーにも帰国後研修で会いたい!

という思いがぐるぐるぐるぐる。。。(+o+)

でも、じゃあそっちを優先して帰ったとして、わたしは後悔しないだろうか??

いや!確実に後悔するだろうな(>_<)

たった半年。。。されど半年。。。
もしかしたら、達成できなかったことのうちの1つぐらいはできるかもしれない。。。✧✧

そんなことを色々考えた末、後悔だけはしたくなかったので、残ることに決めました。

この話を昨日先生方に伝えたら、とても喜んで強く抱きしめてくれた。

こんな風に自分の存在を大切に思ってくれている人々がいて、わたしは本当に幸せもんだな~と実感。

本当に思うようにいかなくて、落ち込むこともあるし、腹立つこともしょっちゅうだけど、せっかく与えられたチャンス!

先生方のため、子どもたちのため、そして自分自身のためにも大事にしたいと思います。



そんなわけで、ここモロッコを出発するのは7月3日になりました。

21-3次隊のみんな、半年後に会いましょう~♪

ジモティーのみんな、半年延びちゃったけど待っててね♡

モロッコ隊員のみんな、まだまだよろしく!(笑)

モロッコ同期のみんな、ずっと一緒だと思ってた同期メンバーをまさか見送ることになるとは。。。(>_<)
それだけが本当に寂しいけども、みんなが応援してくれていると思ってがんばります!
最終報告の準備、がんばってね!!



今月はライードキビーラ(羊犠牲祭)があったり、ツマル祭りがあったり、新ツマル娘が仲間入りしたりと、イベントも盛りだくさん♪
活動のこともしばらくアップしていないので、また日を改めて書きたいと思います。
とりあえず今日のところは御報告まで。。。
じゃまた☆彡


久しぶりに犠牲祭で集落を訪ねてみると、また大きくなってたハムザとハジャ♡
わたしのことも「ユキ!」とはっきり言えるようになってた♪
542.jpg
543.jpg
かわいすぎる2人(*^_^*)


みなさんこんばんは☆彡

エルフードにも先週あたりから秋が到来♪
あんなに暑かった気温がウソだったかのように、晩外出する際には一枚羽織るものが必要なぐらいになってきました。
日中はというと、日差しはまだ厳しいですが、日陰なら汗をかくことも少なくなってきました。

そう!

サハラ地域は春と今が一番過ごしやすい!

『活動』も一番やりやすい時期なのであります!

が。。。

新学期が始まってからは、特別に自分の時間をもらって何かをするということはとりあえず休憩。

ただただ観察。。。
観察、観察、観察、の毎日。。。

そして毎日先生の良いところを何かしら探して「あれ良かったよ~♪」と伝えるようにしています。
それとは逆に、子どもに対して(それどうなんだろう。。。)と思うことがあれば、良くない点も伝えるようにしています。

正直、神経が疲れます。
毎日アクティビティをして体力的に疲れる方がまだ気持ちがいいです(^_^;)



帰国まで2ヶ月ちょっとというところまで来て、なぜ今更になって観察期間になっているかというと。。。

バカンス前までは常に4園を定期巡回していたのですが、新学期からは2園に集中することに決めました。

というのも、将来的に考えて、モデル園をつくった方が良いのではないだろうかという考えに到達し、2園に絞ることになったというわけです。

エルフードの幼児教育隊員は私で2代目。

巡回先の先生方との信頼関係、エルフードの幼児教育現場の現状とレベル、色々な角度から見て、今が切り替えの良いタイミングなのではないかと思い、思いきって『目指せ!エルフードのモデル園!』とでっかく出てみたというわけです。

こんだけじっくり長い時間観察するのも、ここへの赴任当初以来。

そして気付いたこと。。。

確実に少しずつだけど変わってきているということ。

例えば1つ具体例をあげると、子どもが騒がしくなった時、多くの先生は棒で「バンバン!!」と黒板や机を叩いて静めようとします。

今の日本の幼児教育から考えたら「ありえないし!」って思うのが普通ですが、ここでは大きな音を出して静めるのが普通です。

そんな中、先日ある一人の先生が手拍子で子どもの注意を自分に向けるようにしている姿を見かけました。

嬉しくてたまらない瞬間でした✧✧

そんなことで嬉しさを感じれるようになった私もまた、先生方同様、変わったかな~と感じています。
たぶん来たばかりの私だったら、内心(それぐらい当たり前でしょ!)ぐらいに思っていたのではないかな~と思います。

今は、先生方だけでなく、自分自身も初心に戻って客観的に見つめ直せる良い時間となっています。



と。。。

なんだかこの流れだと、とっても良い方向に事が進んでいるのではないかと思いでしょうが、実際にはそんなこともなく、最近では私の中ではかなり大きな問題が起こってしまい、「どうしよう。。。」と考え込む毎日です(+o+)

その問題というのは、私の後任さんが辞退されてしまったということ(;_:)

本当なら、後任さんが来月エルフードに来て、直接引き継ぎをして、私は帰国♪
となるはずだったのですが。。。

なかなか上手くいかないもんです(T_T)



モデル園。。。

でっかく出てしまったけど、次後任さんがいつ来れるようになるか分からなくなってしまった今、自分が帰国した後はどうなってしまうのだろうか。。。と正直心配ではありますが、心配したって仕方がないし、私が今できることを精いっぱいするしかない。

とりあえず、帰国までの目標は『一日の流れ』をつくる!

名付けて『さらばダラダラ!毎日メリハリ!大作戦』!!

これまたでっかいこと言ってしまったか。。。??(汗)

いやいや!そんなことはない!
あの先生方とならきっとできるはず✧✧

そろそろ観察期間も終わりにし、残り2ヶ月ですが最後まで先生方を信じて、目標に向かって先生方と共に頑張りたいと思います(*^_^*)


お外で読み聞かせ♪
(特別なことは何もしていませんが、絵本の時間だけはできるだけ毎日つくってもらうようにしています。)
538.jpg
最近入った年少さんクラスの新人先生。始めは読み方もぎこちなかったけど、今は子どもたちへの語りかけ方もとっても上手。安心して聞いていられます(*^_^*)

子どもたちもとってもリラックスしているようす♪
536.jpg
537.jpg
くぅ~(>_<)笑顔がかわいすぎる~♡


昨日はラシディアのMさん宅にて幼児教育隊員仲間との打ち合わせがあり、そのまま夜のお食事会にも参加させてもらっちゃいました♪
539.jpg
その日は近郊でボランティア主催のイベントもあったので、歓送迎会並みに大人数に(汗)
こんだけの料理を全部一人で準備してくれたMさんありがとうございます(^O^)

みんなでワイワイするのは本当にリフレッシュできます♪
さぁ~今週もまた頑張るぞぉ~(^^)v
どうも♪
1ヶ月ぶりにこんばんは(^O^)

みなさんお元気ですか?

わたしは元気です!!





さて、新学期が始まってからというもの、今までにも増してなんだか時間の流れが早く感じてしかたありません。

先月末は、ここエルフードで約1年7ヶ月共に暮らしたツマル妹のAがとうとう帰ってしまいました(;_:)
もう2週間経ちますが、Aがもうこの土地には居ないなんて思えなく、ひょっこり「ゆっこ~~」といつものように遊びに来てくれるんじゃないかな~なんて、そんな風につい考えてしまいます。
Aとは、みんなでいる時はワイワイと楽しく♪
でも2人で居るときは結構まじめな話もたくさんした。
身近な存在なだけに、弱ってる時の姿も隠さず見せることができたし、Aの言葉に助けられたことも何度もあった。

感謝してもしきれないぐらい。。。

ほんとにほんとに ❤ありがとう❤

そして、これからもずっと ❤よろしくね❤


最後に行った砂漠
533.jpg
なんだか砂漠がとっても切なく見えたな~(;_:)

ラシディア歓送迎会にて
531.jpg
あら。。。右に寄っちゃったね~ごめんちゃい(汗)
でもみんなの表情はナイス♪

ラバト送別会にて
532.jpg
ブルキナファソからの振替できた看護師隊員のRも一緒に、期間限定ツマル4姉妹♪




21-2次隊のみなさん、たくさんお世話になり本当に心から感謝してます♡
これからはモロッコOVとして世界のどこかで繋がっていましょう(*^_^*)





ということで、わたしたち21-3次隊がとうとう一番の古株になってしまったわけで。。。

87日後には飛行機の中なわけで。。。

感傷にひたってる暇もないわけで。。。

よ~っし!!
今この時間を自分なりの精いっぱいさで生きるのダ~!!(^^)v

そんな風に考えていたここ最近。。。幼稚園の先生方と活動外で過ごす時間が更に増え、活動が休みである週末は日本人仲間と過ごす時間が増え、なんだかやたらと毎日忙しいです(汗)
でも、これって嬉しい忙しさだなって思います♪

残り87日間、みなさんよろしくお願いしまーっす!!


先生のお宅にて。クスクス日。
529.jpg
先生の姪っ子と甥っ子(^^)
いつも元気いっぱいなナルジス&恥ずかしがりなモロワン♪


ソフトボール大会!!(日本vsアメリカ)
535.jpg
以前から応援メンバーに入れてもらってたのに、1度見に行ったきりその後はなかなか行けなかったソフト(>_<)
帰国前にもう1度応援ができて良かった♪
ガタイのいいメンバーが揃ってるチームアメリカにも見事に勝利し、この日はなんと3連勝だったようで盛り上がりも絶好調!!
残りの試合もファイトでーっす(^O^)


日韓(JICA&KOICA)フットサル大会!!
530.jpg
韓国ボランティアKOICAさんとの交流会♪
企画してくれたAのお陰で、想い出と人脈がまた増えた♡
ありがとう(^_-)-☆
自分の目に留まったスペインのいろいろを、なんてこたぁ~ない写真たちですが載せてみま~す(*^_^*)



看板がタイルなだけで、ほら♪こんなに洒落てますの♪
516.jpg

こちらもなんてお洒落な酒屋の看板♪
518.jpg

せかせか歩いてたらきっと見落としてしまうだろう。。。っていう道端のいろいろ。その壱。
520.jpg

その弐。
519.jpg

その参。
517.jpg

その四。
521.jpg

その五。
513.jpg

その六。
522.jpg

その七。
20110912233040cfc.jpg

その八...ん??こりゃ見落とさんか(笑) いたる所で通行人を楽しませてくれる大道芸人さん♪
523.jpg

こちらもいたる所で通行人の心を癒してくれるミュージシャン♪音楽がそこら中で奏でられている...✧
525.jpg

市場にて。おいしそう♪ただそんだけ。
514.jpg

市場内のバル(バー)にて。買い物しながらちょっとアルコールでひと息✧ なんて主婦思いなんでしょ(^^)v
515.jpg

スペインで見つけた日本、その壱。スペイン語も英語も分からん日本人にとっては心がホッとする瞬間♪
524.jpg

その弐。なんと!ここでも有名な「ぼぐドラえもん~~!」(^O^)
512.jpg

アパートから見えた中庭。昔は住民の集いの場だったのかな~。
526.jpg

気分は『世界の車窓から』その壱。雨上がりの空✧✧
528.jpg

その弐。ずぅーっと続く風車たち。風車とか見たことなかったので、この光景はなかなか感動✧✧
527.jpg




さて。

突然ですが。

この夏、旅をしながらよく頭の中をめぐっていた言葉があります。

「かわいい子には旅をさせろ」

ここに来る前、父にこんなことを言われました。
「本当に行くのか?事故にあったらどうするんだ?」
その質問に答えた言葉がこれです。
「人間どこにいたって死ぬ時は死ぬんだから」

「なにを言ってんだー!!」
当然この言葉に父は怒りました。
私自身、あの時あんな言葉しか言えなかった自分を、何も知らない浅はかな奴だったな~と今は思います。

北海道が大好きで、他の土地なんて、ましてや海外なんて特に興味もなく、長い間ずっと地元で家族や友達に守られながらほのぼのと暮らしてきました。
海外というよりも『協力隊』というものにたまたま興味を持ち今モロッコに居るわけですが。。。
日本を離れて気付いたことのひとつは、やっぱり途上国に住むということはそれなりのリスクを背負わなければならないということです。

私がここに来てから今までの間にも、他国で協力隊が事故によりお亡くなりになったという連絡が2度きました。
ここモロッコでも私たちと同じように活動している海外ボランティアの方が、私たちもよく利用するバスステーション前の道路で事故に遭いお亡くなりになりました。
100キロぐらいでも無理やりカーブを曲がろうとするタクシーに乗るのは、未だ慣れずにドキドキします。
家に帰ってきたら(今日も無事帰ってこれてよかった。。。)とほっとします。
私たちは普通に生活しているようで、実はいつ何が起こってもおかしくないような生活を送っています。
ここで生活してみてようやく父の言っていた、途上国で生活する厳しさを実感しているわけですが、ここにきたことを後悔しているか?と聞かれると「いえ、全くしていません。」断言できます。
そう思えるのは、日本を離れたからこそ感じれるものや気づけたものが沢山あるから。
仲間も増え、視野も広くなったから。
生きていく上で一番大切なものは何か?ということの、自分なりの答えが見つけられたから。

安全地帯から出なければ、きっと傷つくことはないだろうと思います。
それはそれで自分が幸せなら良いのですが、でもそこから飛び出すからこそ得られるものもあるでしょう。
あの時、おそらく心配で不安でならなかった両親が、私の気持ちを尊重してくれたことにとても感謝しています。

将来自分の子どもが自分と同じように日本を離れると言ってきたら、私はどうするんだろうか?
きっと、両親と同じように心配で目の届くところに置いておきたいだろうけど、最終的には了解するのだろうな~と思う。

「かわいい子には旅をさせろ」

この言葉の意味を大人になってからようやく実感している私です。

色々な旅の仕方があるでしょうが、私は私なりのやり方で人生という旅を続けていきたいなぁ~と思います。



ご清聴ありがとうございます(笑)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。