上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.06.13 大きな収穫!
はい!では引き続き『研修会』について書きますよ~!

これまた長くなるので(たぶんメチャクチャ長くなると思う。。。汗)、読んでくれる皆さんは頑張って最後まで読んでみてくださいナ(^_^;)



まず先に話しておきたいことは。。。

私が毎週参加している研修会というのは、ラシディア(エルフードから車で1時間)で行われているもの。
参加者は、ほとんどラシディア幼稚園の先生方。
そして、中心となってその研修会を開催、進行しているのが、『教育省ラシディア支局、幼児教育センター』のモロッコ人職員Nさん(女性)と、そこに配属されている先輩隊員のMさん。
内容は毎月トピックが違い、最初は「幼稚園とは何か?先生とは何か?幼児教育で大切なこととは?」など、基本的な講話から始まり、その後「色」や「数字」「お話」「制作」など『遊びを通して』の指導方法を伝えてきました。(私じゃなくてお二方がですよ~)
私はというと、特に何かするわけではなく、お手伝いできることがあればして、合間にちょこっと手遊びを紹介する程度(^_^;)
何もお役には立ってないですが、毎回顔を出すことに意義があると思い通っていました。

一方、自分の任地であるエルフードの研修会はというと。。。
主催しているのはNさん同様、支局の職員でエルフード視察官のA氏&アソシエーションの方々(全員男性)。
月に一回開催。
内容は模擬授業とその授業についての意見交換。
そして私はというと、何もしていませんでした。
と言うと、怠けてるみたいで自分が可哀想なので、言葉を変えまして。。。
何もできない状況でした。
              ↑ 
注目してほしいのは、↑ココ。文末。過去形になってるでしょ?

「なぁ~んでかっ!?」っていう話をこれから3月までさかのぼって説明したいと思います(^^)v



エルフードに配属早々、巡回先の先生に連れられて3月の研修会に参加&見学。

その時の印象。。。

勉強の話ばっかり。
子供&遊びの話いっさい無し。
主催してる側もかったるそう。
先生方もかっるそう。
見学してるあたしもつまんない。

主催者側が何を考え、何を目指し、エルフードの幼児教育をどうしていきたいのかが全く見えなかった、初の研修会。

私も模擬授業に関して意見を求められたが、何も言えなかった。
というか、そんな状況で何も言えることも無かった。

研修会の内容をラシディアと連携をさせる為には、まずは視察官であるA氏と自分が距離を縮めなきゃと思ったが、視察官というわりに幼稚園を視察している様子が全く見られないA氏。(きっと何かとお忙しいのだろうけどね。。。)
当然接する機会もほとんど無く、距離は一向に縮まらない。

私自身の進みたい方向はわりと早い段階でハッキリしていた。

ボランティアの巡回だけではこのエルフードの幼児教育を変えるには限界がある。
いくら私が、少ない巡回先で「遊びは大切!」って伝えたところでたかが知れているし、教育省の職員が考え方を変えなければ根本的に何も変わらないだろう。。。
でも、そう思っていても、なかなかA氏との距離は縮まらない。
いや、むしろ離れていく一方であった。
私は教育省の支局に配属されたというのに、肝心の職員からは必要とされていない。
そう感じて、モヤモヤする日がずっと続いていた。

4月の研修会、ちょうど上京していたので参加はできなかったが、後から先生に聞いた話では、前回と特に変わらない内容とのことだった。
ちなみに、研修会開催に関しての連絡は特にA氏からは無かった。

5月の研修会、あると教えてくれたのは、またもや巡回先の先生だった。
正直言って、いい加減腹が立っていた。

(なぜあなたが連絡してこない!?)

完璧必要とされてないと感じる哀しさ、虚しさ、そして苛立ち。
私の方が心のシャッターを下ろしそうになったが、やっぱりそれではいけない。

(なんとかしなくちゃ。。。)

本来私の口から言うことではないと思ったが、言ってみた。
「幼児教育センターで行われている研修会に一緒に行ってください!」
A氏の答えはオーケイだった。

(よっしゃ!)

(一歩前進!)

あとは、A氏が何かを感じてくれれば!
腹は立つけど、決して悪い人ではないことは分かっている。
だから、きっとセンターの研修会を見たら、自分達のやっている研修会がいかに意味の無い内容だったか気づいてくれるはず。。。(言いすぎかもしれないけど訂正しません)
そう期待をしながら研修会を迎えた。

今回エルフードから参加したのは3人。
私、A氏、そしてもう1人、以前ブログでも紹介した子供好きで教育熱心なM氏♪
M氏は私と一緒に最初から参加。
他の先生方と共に先生同士のアクティビティにもちゃんと加わり、ここでも熱心さを見せてくれるM氏。
一方A氏は、他のお仕事あったのでしょうがだいぶ遅れてからの参加。。。
A氏が見たのは、先輩Mさんがペープサートや紙芝居を読んでるところを見ただけ。
一番聞いてほしかった遊びの大切さの話などは聞いてもらえなかったが、内容をメモしている姿を見る限り、全く興味が無いようには感じられなかったので、それだけでもとりあえず良かった。

(どう思っているのかなぁ~?)
おそるおそる聞いてみた。

私「A氏、センターの研修会はどうですか?」
A氏「ユキもエルフードの次の研修会で何かしないのか?」

(えっ?質問返し!?)

。。。。。。納得がいかなかった。
そもそも質問の答えになってないし。
何も話し合いもせずにそう言ってくる強引さにも納得がいかなかったし、あたし1人を指していることにも納得がいかなかった。
それにエルフードの研修会はその日から3日後。
話し合う時間も無ければ、A氏が幼児教育に対してどんな考えをも持っているのかも分からずに「はい、いいですよ♪」なんて気軽には言えなかった。

「A氏、Mさんは1人でやってるわけではないんですよ。Nさんと協力し合って、3月から毎週セミナーをしてきたんです。だから、次の研修会で私は何もしません。」

正直、言っててドキドキした。

「Mはラシディアで色々やってるのに、ユキは何もしてくれない」そう思われるかもしれないと思ったが、その時はそれしか言えなかった。

とりあえずは3日後の研修会。
そこでA氏がどのくらい変わってくれているかを確認してから、また今後については話してみようと思った。

そしてエルフードの研修会。
今回はラシディアから先輩Mさんも見学に来てくれた。
A氏の紹介で、Mさんが支局関係者と共に活動しているボランティアだと知って、なんだか先生方の雰囲気もいつもと違く、どことなくビシッとしている感じだった。

内容はいつもと変わらず模擬授業(アラビア語の勉強)だったが、その後の意見交換に変化が。。。
何が変わっていたかって、A氏が人が変わったかのように前回とは大違いだった。
前は進行する程度で、そんなに喋らなかったんだけど、でも今回は。。。
率先して、喋っていた!
たぶん、ただ復唱させたりする勉強は好ましくないみたいなことをしきりに言っていたと思う。
あと、子供を褒める大切さも。

嬉しかった♪

研修会の最後に、「2週間後にまた研修会を開くからそこで何かしてくれないか?」という話を持ちかけられた。
「もちろんオーケイです!」
そして2週間後、エルフードからは少し離れたジョルフという小さな街で、エルフード&ジョルフの先生方を対象とした研修会が開かれることになった。
A氏のリクエストは物語&折り紙。
Mさんが物語、私が折り紙を、という話になったんだけど、でもその後Mさんと話してて、「やっぱりな~、基盤となる大事な話を飛ばしてアクティビティだけはできんよな~」とMさん。
私「同感です」

その後、Nさんがそれと同じような話をA氏に伝え、ちょっぴり内容変更。

3時間のうち、前半は幼児教育の大切さ(メインとなる話は棒について)についてをMさんが担当、後半は変更無しで私が折り紙担当。



そして昨日、実際に研修会が行われました。

前半、Mさんが中心となり「幼稚園とは?先生とは?」というテーマを基にグループになって話し合ってもらい、それを発表。
そしてMさん講話。
棒についてもビシッと一喝!
先生たち。。。苦笑い。
そりゃそうだ!だってあなた方この棒で毎日バンバンやってるもんね!
そして「いつもどんなアクティビティをしていますか?」という質問には
みんな黙ったまま。。。
そうだよね!だっていつも勉強ばかりしてるもんね!

答えられないのは仕方がない。
「やってない」というより、きっと先生方は遊ばせ方を知らない。
たとえ遊びを沢山知っていたとしても、それより大事なのは勉強させることだって思ってる。
だから今日のところは答えられなくて当たり前。
でも、大事なのはこれから。
これから頑張っていこうね。
あたしも頑張るからね。
そう思いながらみんなの様子を見ていました。

そして後半。
最初に折り紙のねらい「手先が器用になる、集中力&想像力&創造力が身につく、コミュニケーションもとれる」などを少しだけ話し、その後、今まで巡回先でやってきたものを全て折ってみた。
最後は折り紙に絵を描き、終了。
説明不足だったり、フランス語がうまく言えなかったりと、Mさんには沢山フォローしてもらい、そうゆう自分の反省点はあるけれど(やっぱりフランス語もっと勉強しなくっちゃ~(^_^;))、今回研修会で自分も前に立つことが出来たことは本当に良かった。



研修会終了後、A氏の方から話しかけてきてくれた。

「ユキありがとう!これからも頑張ろう!」って。。。

「これからも頑張ろう!」この言葉が嬉しかった♪

ありがとうっていう言葉よりも、頑張ろうっていう言葉が嬉しかった♪

だから私もこう答えた。
「先生方と子供達の為に、ここではあなたと私で頑張っていきましょう!」って。

私にとっても、A氏にとっても、エルフードの先生方にとっても、昨日という日は本当に良い経験ができた日だったと思う。




帰りのグラタクの中で。。。

Mさん「さぁ~て!これからもっと忙しくなるよ~!」
私「はい!楽しみです!」



エルフードに配属されてから4カ月が経ち、ようやくスタートラインに立てれた気がします。

一難去ってまた一難。
また新たな『難』がやって来るんでしょうが、とりあえず今は嬉しさに浸りながら、しばらく休めてなかった心を休ませてあげようとおもいます。(久しぶりにギターでも弾こぉ~♪)





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://thepinkgun777seat.blog129.fc2.com/tb.php/52-70ab4c29
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。